新型コロナウイルス感染症の影響を受けている経営者及び労働者の皆様を応援!!

新型コロナウイルス感染症により、多くの会社で売上が減少しており、休業を余儀なくされています。
このような中で、人事コンサルティング会社である当社では、会社と雇用を守る為、休業に伴う助成金や労務のご相談窓口を開設致しました。無料でご利用頂けます。

休業手当とは?

労働基準法第26条では、「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。」と定められています。つまり、会社の都合で労働者を休ませた場合には、平均賃金の60%以上を支払わなければなりません。